Slowthai 自身とADHDについて語る

イギリスのグライムMC、昨今ではMura Masa「R.Y.C」にも参加するなど、
眩い活躍を見せているSlowthai(スロータイ)が自身とADHD(多動性症候群)について、
彼のTwitter、instagramで詳細に語った。

“I often laugh when I feel anxious, this awkward laughter, only shows how uncomfortable I feel. I’ve always been socially awkward and found it hard to articulate to people how I truly feel, often lie. Sometimes it’s harder to stay quiet then force conversation and it makes my skin crawl. I build myself up from pieces of other people and when I look in the mirror I shiver cause I feel like I’m wearing somebody elses skin. I’ve never felt happy being on my own and this has caused me to have a dependency. A need to be loved or made to feel as if I should be loved, maybe I search for all the right things in the wrong places. But am I wrong for wanting to belong. Lazy. I live under a rock clinging on to gratification. I trick myself into liking the things I hate and hating the things I love. I’ve never known what’s best for me. And I never felt content with the life I lead. I think about the end every night. But I’m too afraid to say goodbye. ADHD all I want is your undivided attention. The what ifs. I’m selfish and I never cared for sharing. If I was gone would they remember me and would they hurt as I hurt. I’m trying to learn to confine in myself cause I can’t explain why I feel these things. Even though I laugh, I ask what’s funny.”

“俺はよく居心地が悪くなって、
不安になると笑う。
俺は人付き合いが苦手で、
自分の本当の気持ちを言えずに嘘をつくことも多い。
時には落ち着いていることが難しくなって、
会話を強制してしまうこともあるし、虫唾(むしず)が走るよ。
俺は、他人の一部から自分という人間をを造っている。
鏡の前に立つと、まるで別人の皮を被ってるような気分になって震えるんだ。
今まで一人でいることを幸せに感じたことなんて一度もなくて、
それが原因で依存してしまったんだ。
愛される必要があるとか、愛されるべきだとか、
多分俺は間違った場所で、正しいものを探している。
仲間や友達が欲しいんだ。間違ってるかな?
面倒臭いよ。
俺は満足感にぶら下がる岩の下に住んでる。(ここでいう岩とは環境や人のことでしょうか)
嫌いなものを好きになり、
好きなものを嫌いになるように、
自分を騙してる。
俺にとって何がベストか分からないし、
まだまだ自分の人生に満足してない。
毎晩、終わりのことを考える。
でも怖くてサヨナラも言えない。
ADHD、俺が望むのは君の集中力だ。
自分勝手で申し訳ないけど、
俺はこのことをシェアする気になれなかった。
もしも俺がいなくなったら誰かが俺を思い出して、
俺の痛みを分かち合ってくれるのかな。
なぜこんなことを思うのか、
説明できないんだ。
だから俺は俺の内面について知っていきたいと思ってる。
俺は笑いながら、何がおかしいか尋ねるよ。”

NME AWARDS 2020では、
Mura Masa(ムラマサ)とともに「Doorman」、「Deal Wiv It」を披露し、
ファン投票により、
ヒーローオブザイヤーにも選ばれた一方で、
ライブの後には、客と口論となりその場を去ってしまったSlowthai
この件については後日謝罪をしているが、
彼の中のフラストレーションは、
日に日に積もっていたようだ。

彼の型にはまらないパフォーマンス、
言葉の数々には私も1リスナーとしてとても衝撃を受け続けている。
自身のヘルスケアと向き合った末、
今後Slowthaiが行き着く先は一体どこなのだろうか。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。