【和訳】Princess Nokia「Green Eggs&Ham」

アメリカ ニューヨークを拠点に活動するラッパー、
シンガーPrincess Nokia(プリンセスノキア)が、
「Everything is Beautiful」
そしてこれとは対になる「Everything Sucks」
を2/26にリリースした。

今回は「Everything is Beautiful」から
世界的に有名な絵本『Green Eggs&Ham』
に影響を受けている楽曲
「Green eggs&Ham」を紐解いていきたい。
本楽曲はMVも公開されている。

Princess Nokia「Green Eggs & Ham」
Produced by 1-900

[Refrain]
Green eggs & ham
緑色の卵とハム


Sam, I am
僕はサム(絵本に登場する人物名)


I’m the man
僕は男


With the plan
計画と


Toast and jam
トーストとジャム


Sunny D
サニーディー(アメリカで有名なオレンジジュースの名前)


You and me
あなたと私


Socks on feet
靴下

[Verse]
Love my inner child, Kool-Aid smile
トラウマさえも愛してる、ただただ笑って


I been like this for a while
しばらくはこんな感じだった


Going into town, gonna find a crowd
街に出かけて、人混みを探しに


Right by the kids in the park with the style
公園で遊ぶ子供たちみたいに楽しむわ


Swing till it’s dark, hit the block
暗くなるまで遊んで、転んじゃう


Run from the cops, don’t get knocked
警察から逃げる、絶対に捕まらない


By these opps
私はこんな感じだから


Fuck these cops
Fuck these cops
Fuck these cops
ポリスはクソ


Looking for the fun, can you blame me?
楽しみを求めている私を、誰が邪魔できるの?


Like to make jokes, but they think that I’m crazy
ジョークを言ったりもするけど、あいつらうちのこといかれてると思ってる


I know that I’m perfect the way God had made me
こんな完璧な私を、神様が作ってくれた


And I thank my parents for the life they gave me
そして命を授けてくれた両親にも感謝してる


Have you told your parents that you loved them lately?
最近両親に「愛してる」って言った?


I look like my mama in the 1980’s
昔のママに良く似てる私


If I been bad, well, please forgive me
私が間違ってたなら、ごめんね許して


I remember when my granny used to hit me
お婆ちゃんに叩かれたことを思い出すわ


Public school and two Thanksgivings
公立高校と2回の感謝祭


Purple corduroys with the matching ribbons
お揃いのリボンをつけた紫色のコーデュロイ


Lil’ puffy jacket and the T-shirt gilded
小さめのパフィージャケット中にはTシャツとゴールド
(パフィージャケットとはダウンジャケットのこと、
最近流行しているあの腫れぼったいダウン)

[Post-Chorus]
Wake up in the morning
朝起きて

Look into the fridge
冷蔵庫の中を見て

Grab some eggs out
卵を取り出して

Breakfast it is
朝食の出来上がり

I’m still a kid, but kids are fun
私はまだ子供、でも楽しい
(彼女のライフスタイルが伝わる一文)

Nice cup of OJ, orange and sun
オレンジジュースを飲んで、太陽を見上げる

[Chorus]
Frying pan in my hand
フライパンを持って


Green eggs and some ham
緑の卵と少しのハム


Yes, I’m Sam, I am
Yes, I’m Sam, I am
私はサム、私は

MV同様、楽曲や歌詞自体もとてもポップな仕上がりになっている。
1992年に生まれたPrincess Nokiaだが、
いつまでもキッズのような童心を忘れず、
日常を楽しんでいきたい、という思いが
歌詞から滲み出ている。
それほど今現在の彼女の日常は充実したものとなっているのだろう。
それを邪魔する存在(この楽曲においては警察)はクソだと、
彼女は楽曲の中で語っている。

ポップな面を見せる「Everything is Beautiful」
そしてダークな一面を見せる「Everything Sucks」
Princess Nokiaが二面性という角度からの作品は、
自己を見つめ直すという意味でも
彼女にとって重要な作品なのかもしれない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。